• ホーム
  • 包茎治療のセカンドオピニオン

包茎治療のセカンドオピニオン

幸せなカップル

包茎治療は外科手術による治療が主体で、美容外科的要素も含みます。
なので、内科の治療と違って一度治療を受けてから別の治療を受けても問題が生じないとは言えません。

外科的治療においては、治療結果が気に入らないと言ってもなかなか矯正することは難しく、包茎治療では亀頭の露出具合や治療の痕が問題になる場合があります。
例えば、明らかに手術をして包茎を治療したと他人から見ても分かってしまえば、心理的に公衆の風呂に入ることが困難になったり、性交渉にも支障をきたしかねません。
そのため、見た目では包茎治療を施したように見えない方法で治療してもらうことが強く求められています。
そのため、包茎治療を決意し、受診した病院の治療方針に疑問を持った場合はセカンドオピニオンを利用してみましょう。

セカンドオピニオンとは、病気の治療方法や方針などに疑問を感じたら、別の病院で治療方法やその方針について意見を求めることです。
一般的には専門家である医師の言うことを信用してしまう場合が多いですが、病院の説明の内容に不明な点があったり、自分の意向と違う治療方法を勧められたりした場合は、評判のいい別の病院でセカンドオピニオンを求めてみましょう。
前述したように、包茎治療は外科的治療なため、一度治療してしまうと失敗しても取り返しがなかなかできません。
なので、セカンドオピニオンを利用し、十分に納得できてから治療を始める方が良いでしょう。