転職したら給料は下がる?転職先の企業と上手に給与交渉する方法

より良い待遇を求めて転職を目指す人もいますが、実は転職によって給料が下がる場合もあります。せっかく苦労して転職したのに前の企業の方が給料が高い場合、モチベーションに影響する可能性もあります。
転職先の企業と上手に給与交渉する方法を紹介しますので、よろしければ参考にしてみてください。
まず転職したら給料は下がるかについてですが、転職の希望者に問題があるかもしれません。仕事の内容や社会的な役割ではなく、とにかく働くことを重視して企業を選ぶと損をする場合もあります。
今の仕事が厳しいため楽な環境で働きたい、という目的で転職活動を始める人もいます。確かに自分の条件に合った仕事であれば、給料が下がっても良いと考える人もいるかもしれません。
しかし給料が下がることで光熱費や通信料などの支払いが厳しくなり、生活の質まで下がってしまう可能性もあります。また何度も転職を繰り返してキャリアが積めないため、いつまで経っても給料が安いままという場合もあります。
関連性のある転職については、回数がある程度多くても不利とはならないという意見もあります。しかし給料などの待遇はキャリアに応じて決まるため、仕事を変えるためにリセットされてしまうのです。
そこで重要となるのが、転職先の企業と上手に給与交渉する方法です。交渉次第では転職後も高い給料からキャリアを形成できるため、給与交渉が可能であれば妥協する必要がありません。
面接を終えて内定をもらった後をおすすめします。まだ内定が決まっていないタイミングでこちらが有利となる要求をすると、図々しく思われてしまう場合もあるためです。
内定が決まってからでも遅くはないため、まずは面接や筆記試験を頑張ってください。是非ともうちに来て欲しいと企業側からオファーがあれば、それだけでこちら側がある程度有利となります。
その後担当者に連絡を入れて、面談をセッティングしてもらいましょう。きちんとアポイントを取り付けて直接交渉し、明確な意思を伝えてください。
転職エージェントのアドバイザーに相談すれば、交渉に関する指導を受けられる場合もあります。仕事に対して熱意があり期待以上のパフォーマンスを発揮するとアピールすれば、担当者も納得してくれるかもしれません。
給料が下がってしまうことはある程度覚悟して、将来自分が活躍できるかどうかを思い描いてください。そして給与交渉を行う際は企業に対して一方的にならず、担当者の立場も最低限考慮しましょう。

数ある転職エージェントの中でおすすめは?良い企業を見極めるコツ

転職エージェントにも、複数の種類があります。数ある転職エージェントの中でも、特におすすめできる種類の特徴を紹介します。良い企業を見極めるコツもあるため、転職活動を始める前にチェックすると良いです。
数ある転職エージェントの中でおすすめは、特化型のものです。様々な業界や業種が存在しますが、特化したものは専門性の高い情報をチェックできるのです。
たとえば金融業界に興味がある人が、求人情報を探すために転職エージェントを利用した場合を考えてみてください。様々な情報を幅広く扱う転職エージェントの場合、金融業界以外の情報もチェックできるでしょう。
しかし本人が特定の業界に強い希望を持っている場合、余計な情報が増えることで時間がかかる場合もあります。初めから本人の希望に合った情報が多いものを使えば、活動時間の短縮化や合理化につながる場合もあります。
専門性の高い特化型の場合、一般的な求人サイトなどではチェックできない情報が見つかるかもしれません。
医者や薬剤師、税理士などの特定の職業に特化したものもあります。資格や免許を活かして転職したい場合、自分に合った転職エージェントを選んだ方が有利です。
また求人情報は大量にあるため、すべてが良い企業とは限らないのです。ブラック企業に転職して苦しむことを避けるために良い企業を見極めるスキルも求められますが、まずは離職率をチェックしてください。
エージェントにも種類があり、優良であればブラックの可能性が高いものを紹介することはないでしょう。しかし中には自分の仕事を成功させるために、ブラックであっても紹介しようとする人もいます。
面談時にエージェントの様子を見ることも、良い企業を見極める上では重要です。無理矢理転職を勧めようとするのではなく、時期を待ってくれるエージェントや企業もあります。
転職の流れが一方的になるのではなく、希望者の意見が通りやすい環境なのかをチェックすることもコツです。
以上の通り転職エージェントはどれも同じではなく、希望する転職の内容によってベストなものが変わるのです。良い企業の情報を出会えることもあるため、これから転職活動を始めるつもりの人は根気強く続けてみてください。

企業サイトに直接応募するのとエージェント利用ではどっちが有利

企業サイトや専門のエージェントを利用する人もいるでしょう。企業サイトからの場合では直接応募することができ、エージェントでは様々なサービスを受けられます。この2つを比較したとき、どちらを利用した方が有利なのでしょうか。
企業サイトとエージェント、どちらが悪いというわけではありません。どちらを利用しても面接が上手くいけば、内定をもらえる可能性があります。しかし利用して有利なのは、エージェントを経由した方です。
企業サイトから直接応募をしても、それがマイナスに働くというわけではありません。しかし転職のためにエージェントを経由すると、恩恵を受けることができるため有利なのです。
求職者が優秀であれば、エージェントが積極的に動いてプッシュしてくれる場合もあります。それにはエージェントが受け取る報酬の仕組みが関係します。
求職者がエージェントを利用する場合、完全無料であることが基本です。エージェントは求職者からではなく、企業から成功報酬を受け取って成り立っています。
求職者が内定することは、エージェントにとってもプラスに働きます。内定率を上げるためにエージェントが企業に対して働きかけるため、転職活動がスムーズに進むかもしれません。
企業はエージェントに対して仲介料を支払う必要があるためです。
仲介料の金額ですが、採用者の年収30パーセント以上と言われています。たとえば年収360万円の求職者がいた場合を考えてみてください。年収が360万円でありその30パーセントは108万円となるため、仲介料は最低でも468万円となります。
それが採用のためにコストとなりますが、直接応募から採用した場合はかかりません。同じスキルを持った求職者が企業サイトから直接応募した場合、企業はコストがかからない方を選ぶのではないでしょうか。
そのためスキルに自信があれば、企業サイトの方が有利なのです。しかしエージェントを利用すれば面接対策などのサービスがあるため、一概には言えない部分もあります。
基本的にはエージェントの方が有利なのですが、場合によっては企業サイトの方が良いこともあるため使い分けが重要です。スキルに自信がなく面接対策をしっかりとしておきたい場合、エージェントに登録すると良いです。

テキストのコピーはできません。