短期間で取得できる転職にも有利なおすすめの資格を紹介します

転職活動を始めて内定が出るまでには3ヶ月から半年ほどかかると言われていますが、スムーズに進む場合もあります。
スキルアップとアピールのためにすぐに資格が欲しいという人は、焦ってしまうかもしれません。しかし短期間で取得できるおすすめの資格もあるため、スケジュールを調整して勉強してみてください。
ビジネスでは法律の知識があると役に立つ場面がいくつかあります。当たり前のようにやっている行為が法律に違反していれば、企業の社会的信用が大きく落ちてしまうこともあります。
それを防ぐための資格で簡単なものは、ビジネス実務法務検定です。この資格の勉強をしておけば、ビジネス全般において必要となる法律の知識を得られるでしょう。
資格補修者に対して、昇給や手当を約束している企業もあります。難易度は国家試験ほど高くなく、3ヶ月から半年で取得できるレベルと言われています。
また企業は製品やサービスの提供において、環境を意識した取り組みを行う場合もあります。環境問題に関する知識を深めることを目的とした、ECO検定という資格も人気が高いです。
パソコンの基本操作ができるだけで、事務職においては有利です。
基本的なソフト操作のスキル向上を目指すのであれば、マイクロソフトオフィススペシャリストという資格があります。多数の企業で社員教育のために導入されており、資格講座なども充実しています。
問題集や参考書も出版されているため、独学も可能です。1ヶ月から2ヶ月もあれば、取得できると言われています。
IT関連職の転職を考えている人には、ホームページ作成検定をおすすめします。ホームページを作成するための礎知識や能力を認定するものです。
システムエンジニアなどは未経験でも転職が可能となる場合もありますが、基本的な資格があると有利です。この資格は勉強時間は、最短で20時間ほどで良いと言われています。
記事の中で紹介した資格は短期間での取得を目指せるため、いずれも民間資格となります。難しく考えるのではなく腕試し程度に受験して、転職活動のためにアピールポイントを増やしてみてください。

企業サイトに直接応募するのとエージェント利用ではどっちが有利

企業サイトや専門のエージェントを利用する人もいるでしょう。企業サイトからの場合では直接応募することができ、エージェントでは様々なサービスを受けられます。この2つを比較したとき、どちらを利用した方が有利なのでしょうか。
企業サイトとエージェント、どちらが悪いというわけではありません。どちらを利用しても面接が上手くいけば、内定をもらえる可能性があります。しかし利用して有利なのは、エージェントを経由した方です。
企業サイトから直接応募をしても、それがマイナスに働くというわけではありません。しかし転職のためにエージェントを経由すると、恩恵を受けることができるため有利なのです。
求職者が優秀であれば、エージェントが積極的に動いてプッシュしてくれる場合もあります。それにはエージェントが受け取る報酬の仕組みが関係します。
求職者がエージェントを利用する場合、完全無料であることが基本です。エージェントは求職者からではなく、企業から成功報酬を受け取って成り立っています。
求職者が内定することは、エージェントにとってもプラスに働きます。内定率を上げるためにエージェントが企業に対して働きかけるため、転職活動がスムーズに進むかもしれません。
企業はエージェントに対して仲介料を支払う必要があるためです。
仲介料の金額ですが、採用者の年収30パーセント以上と言われています。たとえば年収360万円の求職者がいた場合を考えてみてください。年収が360万円でありその30パーセントは108万円となるため、仲介料は最低でも468万円となります。
それが採用のためにコストとなりますが、直接応募から採用した場合はかかりません。同じスキルを持った求職者が企業サイトから直接応募した場合、企業はコストがかからない方を選ぶのではないでしょうか。
そのためスキルに自信があれば、企業サイトの方が有利なのです。しかしエージェントを利用すれば面接対策などのサービスがあるため、一概には言えない部分もあります。
基本的にはエージェントの方が有利なのですが、場合によっては企業サイトの方が良いこともあるため使い分けが重要です。スキルに自信がなく面接対策をしっかりとしておきたい場合、エージェントに登録すると良いです。

テキストのコピーはできません。