転職したら給料は下がる?転職先の企業と上手に給与交渉する方法

より良い待遇を求めて転職を目指す人もいますが、実は転職によって給料が下がる場合もあります。せっかく苦労して転職したのに前の企業の方が給料が高い場合、モチベーションに影響する可能性もあります。
転職先の企業と上手に給与交渉する方法を紹介しますので、よろしければ参考にしてみてください。
まず転職したら給料は下がるかについてですが、転職の希望者に問題があるかもしれません。仕事の内容や社会的な役割ではなく、とにかく働くことを重視して企業を選ぶと損をする場合もあります。
今の仕事が厳しいため楽な環境で働きたい、という目的で転職活動を始める人もいます。確かに自分の条件に合った仕事であれば、給料が下がっても良いと考える人もいるかもしれません。
しかし給料が下がることで光熱費や通信料などの支払いが厳しくなり、生活の質まで下がってしまう可能性もあります。また何度も転職を繰り返してキャリアが積めないため、いつまで経っても給料が安いままという場合もあります。
関連性のある転職については、回数がある程度多くても不利とはならないという意見もあります。しかし給料などの待遇はキャリアに応じて決まるため、仕事を変えるためにリセットされてしまうのです。
そこで重要となるのが、転職先の企業と上手に給与交渉する方法です。交渉次第では転職後も高い給料からキャリアを形成できるため、給与交渉が可能であれば妥協する必要がありません。
面接を終えて内定をもらった後をおすすめします。まだ内定が決まっていないタイミングでこちらが有利となる要求をすると、図々しく思われてしまう場合もあるためです。
内定が決まってからでも遅くはないため、まずは面接や筆記試験を頑張ってください。是非ともうちに来て欲しいと企業側からオファーがあれば、それだけでこちら側がある程度有利となります。
その後担当者に連絡を入れて、面談をセッティングしてもらいましょう。きちんとアポイントを取り付けて直接交渉し、明確な意思を伝えてください。
転職エージェントのアドバイザーに相談すれば、交渉に関する指導を受けられる場合もあります。仕事に対して熱意があり期待以上のパフォーマンスを発揮するとアピールすれば、担当者も納得してくれるかもしれません。
給料が下がってしまうことはある程度覚悟して、将来自分が活躍できるかどうかを思い描いてください。そして給与交渉を行う際は企業に対して一方的にならず、担当者の立場も最低限考慮しましょう。

自分が何をしたいか分からない人の転職先の選び方をアドバイス

前向きな転職活動を行う人もいますが、中にはそうではない人もいます。自分が何をしたいか分からないのであれば、転職先の選び方にも工夫が必要です。
悩んでいる人のために転職先の選び方をアドバイスしますので、よろしければ参考にしてみてください。
とりあえず転職したい、という目的や目標は中途半端かもしれません。転職市場には様々な業種や業界の情報が流れており、どの面接を受けるかによって対策が異なる場合もあります。
今現在自分が何をしたいか分からないのであれば、自分の過去を探ってみてください。仕事をして楽しかったことがやりがいを感じた瞬間があれば、メモに書いてみましょう。
趣味や遊びの時間など、仕事には直接関係しないような過去を思い出しても良いです。たとえば誰かと話すのが好きな人は、営業や接客が向いているかもしれません。
何か企画を考えるのが好きなら広告、計算が得意なら経理や事務、などと自分が活躍できそうなものを見つけるのです。
適正や強みを知ることで、今まで経験のなかった業種や業界に対しても興味が持てるようになるかもしれません。闇雲に面接を受けても内定につながるわけではないため、給料などの条件がある程度絞って構いません。
ただこだわりが強すぎると、前に進めない場合もあります。自分がやりたいことと向いている仕事がイコールとなれば良いですが、すべての人がそうではありません。
どんな仕事でも、やってみなければ分からない部分があるのです。
転職について難しく考えると悩みが大きくなり、行動力が失われてしまう場合もあります。とりあえずやってみよう、面接だけ受けてみよう、と軽く考えて転職活動を始めることをおすすめします。
スキルや経験に自信がなければ、未経験でも採用されることがある業種や業界を選んでみてください。システムエンジニアや飲食、ホテルなどがおすすめです。
自分が何をしたいか分からないことを悲観するのではなく、まだ気付いていない可能性が眠っていると思ってください。転職先の選び方に絶対的な正解はなく、自分の過去を振り返り将来どうなっていたいかを考えるのもアリです。

ハローワークを利用して上手に転職先を探すポイントや注意点

ハローワークを利用する場合、転職先を探すポイントが存在します。ただ情報を探して応募するだけではなく、有効活用することが重要と言えます。ハローワークには注意点もあるため、きちんと理解した上で利用してください。
自分の条件に合った転職先を探したい場合、求人票の内容がポイントとなります。転職や就職の希望者のために出された求人情報には、必ず求人票が存在します。
ハローワークの専用サイトで検索することができ、パソコンやスマートフォンがあれば内容をチェックできます。求人票には賞与や休日、就業場所や転勤の有無などの情報が掲載されています。
これらの情報をきちんと調べずに仕事を始めてしまうと、後から条件に合わず困ってしまう場合もあります。求人票を見ただけではわからない情報がある場合、ハローワークの相談員に質問することをおすすめします。
相談員が企業に連絡して、情報をチェックしてくれる場合もあるためです。いずれにしても自分の条件をハッキリとさせることがポイントです。
ハローワークの求人情報にも限りがあり、すべてが自分の条件に合っているわけではありません。アバウトな条件を設定している企業もあるため、相談員を頼ることもポイントです。
ハローワークを利用して上手に転職先を探す際の注意点は、求人票の情報が最新であるかどうかをチェックすることです。求人情報を新しく出す企業やお店は、多数存在します。
情報の内容が最新であるとは限らないのです。求人を出しても長い間応募者が現れなかった場合、企業の担当者のモチベーションが下がっている可能性があります。
条件を意識することも大切ですが、情報がいつごろ出されたものかをチェックする必要もあります。自分の条件に合ったものが見つかった場合、それが古いものかどうか必ずチェックしてください。
確実に面接を受けるためには、企業に連絡を入れることをおすすめします。相談員が連絡を入れて、確認を代行してくれる場合もあるのです。求人票の情報が古く面接を受けられない場合でも、同じ企業から別の求人情報が出されていることもあります。
以上がポイントと注意点ですが、いずれも相談員の存在が大きく関係します。ハローワークではオンライン上のメッセージのやり取りで終わることはなく必ず面談があるため、相談員との相性も転職先を探す上では重要です。

テキストのコピーはできません。