お見合いをする平均人数はどれくらい?たった1回で成婚するもの?

お見合いをする場合、結婚に至るまでに何人くらいとするものなのでしょうか。
たった1回で成婚する人もなかにはいるかもしれませんが、実際のところ平均人数というものも知っておきたいものですよね。
以下にお見合いをする平均人数について紹介します。

結婚相談所に会員登録していざ婚活を始めたものの、お見合いを繰り返してもなかなか理想のパートナーに巡り合えない、と悩む人も多いようです。
3回、4回とお見合いしてもうまくいかないと、自分には魅力がないんじゃないかと不安に感じるのも、無理はないかもしれません。

しかし決して落ち込んだりする必要はありません。
日本結婚相談所連盟の成婚に関するデータによると、成婚に至るまでのお見合いの平均回数は、20代で3~11回、30代で13~19回、40代で14~26回です。

この数字を見ると、思っていたよりも多いという人が多いのではないでしょうか。
そして年齢が高くなるほど回数も多くなる傾向が見られます。

なにもあせってほんの数回のお見合いでパートナーを決める必要などないのです。
多くの会員が、想像以上に慎重にお見合いを繰り返してパートナーを選んでいる様子がうかがえるではありませんか。
自分にとってふさわしい相手を探すには、数多くのお見合いをすることも大切だということを、どうか理解してください。

一方で結婚相談所に会員登録した人が成婚できるまでの婚活の期間はどうかというと、約1年~1年半が多いとされています。
例えば1ヶ月に2回お見合いをしたとすると、1年間で約20回はお見合いできることになります。
婚活をする全年代を通じて、お見合いする平均人数としては約20人、婚活期間としては1年程度、というのがおおまかな目安といえるでしょう。

お見合いしてうまくいかなかったとしても、諦めずに前向きな姿勢でむしろ次のお見合いを楽しむくらいのつもりで臨んでみてはいかがでしょうか。

もちろんほんの数回のお見合い、極端な例ではたった1回のお見合いで成婚するカップルも、なかにはいます。
婚活に費やす期間も、1年よりももっと短い期間で成婚する人もいるでしょう。

しかし早ければいいというものではないわけで、たとえ成婚しても結婚にはたどり着けないケースもあります。
婚活で成婚はできても、その結果として結婚に至らなかったというのであれば意味がありません。

そして平均の人数や回数、期間はあくまでも目安に過ぎませんので、こだわりすぎないような姿勢を持ちましょう。
一番大切なのは自分にピッタリ合ったパートナーに巡り合うことである、ということを忘れてはなりません。

低いと言われている婚活の成婚率を高めるためにできる対策方法

婚活パーティーや結婚相談所などで婚活を始めても、無事結婚までたどり着けるという人は、意外と少ないともいわれています。
しかし異性と出会う場を提供してくれているわけですから、うまく活かせば結婚することができるのです。
ではどのような対策をすれば成婚率を上げられるのか、紹介します。

まずは結婚相談所に提出するプロフィールデータを充実させることから始まります。
そのためには冷静に自己分析をすることが大切です。

自分の長所と短所を洗い出して、できれば一覧表にしてみましょう。
性格は明るくてやさしい、スポーツをしていて体力に自信がある、など、長所を積極的にアピールするよう表現してみます。

そして人間ですから、誰しも当然短所もあります。
短所も暗いイメージを与えないように上手に表現すれば、かえって好感を持たれます。

例えば、「貧乏性なのでブランド物よりもユニクロの服が好き」とアピールすれば、異性から見たときにどう感じるでしょうか。
裕福な人から見れば物足りないように感じるでしょうけど、普通の暮らしをしている大多数の異性から見れば、むしろ堅実で好印象を与えるでしょう。

実際に会うことになれば、まず気を付けなくてはならないのが身なりです。
格式ばった服装でなくても構いませんが、だらしがないようではすぐに嫌われます。
清潔感のあるこざっぱりとした服装や髪型で臨むようにしましょう。

どちらかといえば男性の方が積極的になりがちで、すぐに連絡先を交換したがるものです。
そこはぐっと我慢して落ち着いて女性の相手をすることが大切です。

女性にしてみれば、理想が高くて二の足を踏む傾向が強いようです。
長身、高学歴、高年収など結婚相手としての条件を挙げればきりがありませんし、それらをすべて満たす独身男性など現実にはなかなかいません。

男性も女性も相手の話をよく聞き、お互いの立場を重んじて明るく笑顔で受け答えすることが大切です。
自分の考えばかり一方的に主張するようでは、成婚には程遠いでしょう。

たとえ趣味や価値観が違うようであっても、1度話しただけで自分と合わないと決めつけるのではなく、できれば2度、3度と会ってみることをおすすめします。
最初は見えなかった相手のいい所が見つかるかもしれませんし、それがきっかけで余計に好感を持つことになるかもしれないのです。

結婚相談所の成婚率は決して高いとはいえませんが、自分の理想に近い異性と出会うチャンスを与えてくれる貴重な場所です。
ぜひ有効に活用して、自分で成婚率を高めて見せようという意気で臨んではいかがでしょうか。

結婚相談所や婚活パーティーの成婚率はズバリどれくらい?

結婚相談所や婚活パーティに参加してみたいものの、成功して結婚できる確率ってどのくらいなのか、気になりますよね。
婚活のためのサービスは探せばたくさんありますが、できれば成婚率の高いものに参加したいもの。
ここでは気になる婚活サービスの成婚率について、紹介します。

そもそも「成婚率」とは、どういう意味をさすのでしょうか。
婚活における「成婚」とは、結婚に至った時点のことを意味するのではありません。
結婚を前提にお付き合いを始める、という関係に至った時点で「成婚」といいます。

それでは「結婚を前提としたお付き合い」とはどういう意味かというと、いわゆる世間一般での彼氏彼女としてのお付き合い、という状態です。
お互いに連絡先を交換して、婚活サービスの場を離れていつでも都合の良い時間と場所で会う仲、ということです。

この状態になれば、もはや2人にとって婚活サービスは必要なくなりますから、2人そろってサービスを退会するのです。
これを「成婚」と呼ぶわけです。

もちろんまだ結婚したわけではありませんし、その後のお付き合いを繰り返す中で事情により結婚に至らず別れるケースもあるでしょう。
しかし成婚率が高ければ、自然と結婚に至る人も多いわけですから、気になる数字ではありますよね。

結婚相談所の成婚率は、一般に20%程度といわれています。
数字を見れば意外と少ない、と思われるかもしれませんが、例えば合コンでの成婚率が10%程度といわれていますから、決して低いともいえません。
合コンなどとは違い、結婚相談所では自分や相手のプロフィールをよく照らし合わせ、趣味や性格、価値観、考え方などが近い人を紹介してくれます。

つまり合コンで知り合って付き合うよりも、結婚相談所で出会う人の方が自分にとって求めている理想像に近い人と出会える確率が高いのです。
これは、合コンよりも単に成婚率が高いだけでなく、成婚してから幸せな結婚に結び付く可能性も高いことを意味します。

そもそも結婚相談所がPRする成婚率は相談所によって計算方法に違いがあり、それによって数値も大きく違ってきます。
成婚率は退会者を総会員数で割った値であり、ここでの退会者は成婚して退会した人を指すべきです。

ところが結婚相談所によっては成婚した人以外の退会者も含めて計算していることがあり、このような場合には極端に成婚率が高くなります。
そのためあまりにも高い成婚率をうたっている結婚相談所は、注意した方がいいでしょう。

もちろん婚活サービスを利用するには、それなりの費用もかかります。
20%程度という成婚率の数値が高いととるか低いと感じるかは、人それぞれです。
しかし単純計算で5回に1回理想の人に出会うチャンスがある、というのは魅力的ではないでしょうか。

初お見合い後に仮交際に進むか迷う時の判断基準や返事の決め方

お見合いから真剣交際へと進む一歩手前に、仮交際というのがあります。
仮交際ではお見合い後に連絡先を交換して、デートや食事などの約束を交わし再び会うことができます。
お見合い後に仮交際へ進むかどうか判断に迷った時は、どのように対応すべきかをまとめてみました。

まず、仮交際は真剣交際とは違い、相手を一人に絞るというルールはないそうです。
ですから、他に気になる相手がいるからといって仮交際を即座に断る必要はありません。
この期間中であれば、複数の異性と連絡を取り合ったり、会っていてもルール違反にはならないとのことです。

お見合い初日はお互い緊張していて普段の様子が伝わりにくいので、少しでも気になったら仮交際へと進んでみましょう。
2回目はお互い多少リラックスして会うことができますし、相手の新たな一面を知るチャンスでもあります。

とはいえ実際は、お見合い時に相手に対してドキドキ感を感じられなかったり、良い人だけど特別惹かれないといった印象だった場合は判断に悩みます。
あまり相手に期待させたくないとか、無駄な時間を過ごしたくないと考える人もいるでしょう。

しかし、仮交際はそのモヤモヤを解決する機会でもあります。
もう一度会ってみてから判断しても遅くはないので、相手との距離を縮める気持ちで前向きに進んでみましょう。

仮交際へ進むか迷ったときは、相手のプロフィールに書かれている条件や人柄、一緒にいて楽しい相手かどうかなどあらゆる判断基準があります。

悩んだ時は、相手の良いところを紙に書き出してみると気持ちを整理することができるのでおすすめです。
その際は、なるべく相手の悪い点には着目せずに、好印象だったところを思い出しましょう。

また、相手に対してトキめいたかとか、ドキドキしたかといった判断基準は一旦置いておき、楽しい時間を過ごせたかどうかで判断してみてください。
いくつかリストに書き出せたら、少なくともあなたにとっては悪い相手ではないということなので、仮交際へと進んで良いと思います。

誰だって、運命の相手に巡り会いたいと思う気持ちは婚活中も変わりません。
そんな一目惚れできるような相手にお見合いで出会えればもちろん幸運ですが、婚活中は1回の出会いがとても大切です。

二目惚れという言葉もあるくらいで、次に会った時は全然違う印象に変わっているかもしれないので、少しでも気になった相手とは是非次に進んでチャンスを増やして欲しいです。

経験者の意見から聞く婚活を始める年齢は何歳からがベスト?

結婚したいけど、婚活を始める年齢は何歳からが良いのか気になりますよね。
ここでは経験者の意見を元に、婚活を始めるベストなタイミングについてご紹介します。

あるデータによると、近年は4人に1人が婚活経験者なのだそうです。
婚活を始めたきっかけの理由として多いのが、職場や友人関係では出会いが少ないからというものです。
また、周りの人が次々に結婚したからとか、30歳までに結婚したかったからといったものもありました。

婚活を始めた年齢でもっとも多かったのは25歳、続いて28歳でした。
結婚する人が増え始める年齢でもある20歳後半は周りの影響もありますし、30歳までに結婚したいと考えている人が逆算して取り組むことも多いのでしょう。

そして意外にも、次に婚活を始めた年齢で多かったのは22歳でした。
以前なら大学を卒業し、就職するこのタイミングで婚活を考える人は少数派でしたが、最近では将来に備えて早めに行動する人が増えたようです。

20代で婚活を始める人が大半とのことですが、婚活経験者によるとこのタイミングは適正だったと答える人がほとんどでした。
特に女性の場合は年齢で見られてしまうことも多く、婚活の場では若さが売りになるそうです。

30代40代の美人よりも20代の普通の女性の方がモテるともよく言われています。
実際に、30歳を過ぎてから婚活を始めた人は、遅かったと後悔している人がとても多い印象でした。

しかし反対に、男性の婚活を始めるタイミングは女性よりも遅い傾向があるので、男女で年齢差が生じてしまうケースも少なくありません。
一方で、婚活中は自分の生きてきた分野とは違う世界の人と巡り会えたり、色々な年齢の人と出会えるので視野が広がるという意見もあります。

また、婚活を始めたからといってすぐに結婚できるとは限らず、多くの人は1、2年の期間を費やしているようで、婚活者の3分の1は3年以上といったデータもあります。
なるべく余裕を持って始めた方が、心もギスギスせずに楽しく取り組めそうです。

男女ともに言えることですが、20代くらいではまだ結婚に現実見を感じられなかったり、恋愛結婚したいと願っている人もたくさんいるでしょう。
しかし、結婚するのが益々難しくなっていると言われている近年、婚活という出会いの場に勇気を持って一歩踏み込むだけで何かが変わるかもしれません。

婚活は早いに越したことはありません。
難しく考えずに、出会いを広げる気持ちで是非積極的に参加してみましょう。

異性とのコミュニケーション能力をあげるためにはどうすれば?

同性とはうまく付き合えるのに、異性とのコミュニケーションは苦手という人も多いでしょう。
今回は、恋愛コミュニケーション能力をあげるにはどうすれば良いのか、そのポイントをご紹介していきます。

異性とうまく話せない人の特徴として、面白い話をしなければとか、相手が喜んだり得をするような情報を与えなければと変に難しく考えてしまう傾向があります。

ですが、初対面での会話でもっとも必要なのは相手に誠実さを伝え、信頼関係を築くことです。
話す内容にはさほどこだわらずにベタな内容でも良いので、笑顔で楽しそうに会話する雰囲気こそが大切です。

また、相手の話を遮ったり、考えを否定するのもNGです。
相手が話している時は適度な相槌で最後まで聞き、例え興味がなかったとしてもその内容に対して1、2個の質問をしてあげましょう。

会話はお互いが言いたいことを話すだけでは成り立たず、質問したり、共感の言葉を伝えることで内容がより広く深くなっていきます。
相手に好印象を持ってもらうには、会話の際に褒める、認める、励ます、共感することを忘れないでおきましょう。

そして会話を成立させるには、相手との共通点を見つけるとスムーズに進みやすいです。
内容だけでなく、声のトーンやスピード、感情や表情を相手と合わせるだけでも話しやすい空気が作られるので会話が弾むそうです。

もし共通の話題が見つからなくて困った時は、相手が得意とする分野や趣味のことを質問するのも良いでしょう。
興味がある分野のことや趣味について聞かれて嫌な気持ちになる人はあまりいないので、質問することは会話を生む一番簡単な方法なのです。

さらに、会話中は相手と適度に目を合わせながら話すようにしましょう。
目を見ないで話す行為はあまり好印象ではなく、反対にずっと目を見続けるのも相手を嫌な気持ちにさせてしまう場合があります。
違和感なく目を合わせるには3秒くらいが丁度良いそうなので、意識してやってみてください。

また、ずっと前を見て同じトーンで話すと退屈な内容でも、抑揚や臨場感を付けるだけで会話が面白くなることもあります。
適度なジェスチャーを入れるだけでも会話が盛り上がったり、緊張がほぐれたりするのでおすすめです。

異性とのコミュニケーションを向上させるには、慣れこそが重要です。
職場の人や友達の配偶者または恋人など、恋愛対象ではない人とコミュニケーションを積極的にとって練習してみるのも良いかもしれません。

テキストのコピーはできません。