育毛剤比較ランキング・育毛剤選びならエビデンスのあるピカイチお買い得育毛剤購入!!!

 

育毛剤には化粧品と医薬部外品がある

育毛剤には様々な種類がありますが、そもそも髪の毛に関する商品には分類が存在します。その分類の中には化粧品と医薬部外品があり、詳しく知らない人もいるのではないでしょうか。
2つの違いや育毛剤との関係について説明しますので、気になるのであれば参考にすると良いでしょう。
まず育毛剤には化粧品と医薬部外品があるのかについてですが、これは違います。育毛剤だけではなく、育毛に関する商品を含めた薬品には3つの種類が存在するのです。3つの種類は上記した化粧品と医薬部外品、そして医薬品のことを言います。
育毛剤は医薬部外品に該当し、直接的に髪の毛を生やす効果は認められていません。
あくまでも髪の毛が生えやすくなる環境を整えるためのものであり、薄毛の治療よりも予防に向いているでしょう。そのため育毛剤を使うときは、髪の毛が生えてくると過剰に期待しない方が良いです。
そして化粧品と医薬部外品の違いですが、成分にあります。化粧品は治療を目的としたものではなく、美容のためにあるものと言えるでしょう。

 

育毛剤は医薬部外品、発毛剤は医薬品

育毛剤と発毛剤はどちらも髪の毛のために存在しますが、大きな違いは分類にあります。美容などを目的としたスキンケア用品には医薬品と医薬部外品、そして化粧品という分類があるのです。この中で育毛剤は医薬部外品に、発毛剤は医薬品に該当します。
つまり発毛剤は本格的な薄毛の治療に用いられるもので、市販される育毛剤とは用途や期待できる効果が異なるのです。薄毛治療の専門医や薬剤師の指導が必要となる場合もあるため、素人の自己判断だけで使わない方が良いでしょう。
育毛剤には発毛促進効果が期待できると言われており、新しい髪の毛の生成のサポートに良いと言えるでしょう。
頭皮環境を整えて毛細血管の血行を促進することで、新しい髪の毛によって良い土壌作りができると考えてください。しかしあくまでも医薬部外品であるため、直接的な発毛効果までは認められていないのです。

 

発毛剤は医薬品、ミノキシジルの副作用可能性

医薬品として薄毛治療のために用いられることもある発毛剤には、発毛効果が期待できると言われています。髪の毛の生成に関わる細胞に直接作用することが、育毛剤との違いと言えるでしょう。
さらにこの2つには安全性に関する違いもあるため、頭皮が刺激に弱い人は意識すると良いです。副作用が心配であれば、発毛剤ではなく育毛剤を選ぶことをおすすめします。
刺激性の強い成分が含まれている育毛剤も存在しますが、医薬品ではないため過剰に心配する必要はないでしょう。もし頭皮のかゆみなどが気になる場合、使用を中止して専門医のいるクリニックや病院を受診すると良いでしょう。
医薬品である発毛剤には、ミノキシジルという成分が含まれている場合もあります。ミノキシジルには動悸やむくみなどの副作用が報告されており、重篤な副作用が起こる可能性もあるのです。

 

育毛剤、発毛剤の効果

育毛剤、発毛剤の効果 こんな方におススメ 有効成分 例
1 毛母細胞活性 髪が細い方 パントテニルエチルエーテル、ペンタデカン酸グリセリド
2 皮脂分泌抑制 頭皮の脂にお悩みの方 ドクダミエキス、イソフラボン
3 男性ホルモン抑制 生え際&頭頂部の薄毛に悩む方 フィナステリド、ヒオウギエキス
4 頭皮保湿 頭皮の乾燥が気になる方 イチョウ葉エキス、ローヤルゼリーエキス、フコイダン
5 血行促進 頭皮を柔らかくしたい方 ミノキシジル
参考WEB http://bubka.jp/blog/hair-growth-tonic/

 

補足情報1:育毛剤には3つの種類がある。

1.添付型 頭皮に塗布する(通常の育毛剤)
2.環境型 頭皮環境を整える、シャンプー、トリートメント
3.服薬型 口から飲む、医薬品、サプリメント

 

 

補足情報2:外用薬、内服薬

外用薬 3種類に分類
1.女性ホルモンを含むもの
2.毛細血管を拡張させる作用のもの
フロジン液
リアップ、ロゲイン(成分名ミノキシジル)
3.毛根に栄養を与える作用のもの
毛髪力、ペンタデカン、黒誕彩、その他

内服薬 内服する育毛剤
平成17年12月厚生労働省認可の“飲む育毛剤”
プロペシア(成分名フィナステライド)

参照WEB:日本医学育毛協会

http://www.haircare.gr.jp/tonic.html

 

 

ピカキチのお買い得育毛剤比較ランキングとは?

ピカキチお買い得育毛剤比較ランキングは、育毛剤である医薬部外品の選び方に間違いがないか、育毛剤購入の最終確認でごらんください。ネットには、口コミ、評判、レビュー、比較ランキングなど、育毛剤は甲論乙駁の情報で氾濫していますが、客観的に、根拠あるデータから、その育毛剤としての実力が、評価できるのです。エビデンス(科学的根拠)レベルの低い個人の感想、個人の口コミレビューなどで惑わされてはいけません。

今回は、育毛剤お得度/比較&ランキング・脱毛薄毛ハゲ必読、あなたの育毛剤選びに間違いがないか、購入の前にごらんください!です。脱毛薄毛ハゲの我々にとって、育毛剤の内容量、配合成分数、返金保証日数は、長期の育毛剤による回復期間をのりきる3つの重要なポイントです。

これらを、お得度として主要な育毛剤11種の比較・ランキング表を作成しました。内容量、配合成分数は、定期価格比で算出してあります。題して、育毛剤お得度/比較&ランキングです。*登場人物 P: 育毛お助け人ピカキチ、A: 薄毛・脱毛に気になりだしたお悩みを持つAさん

 

r-%e8%82%b2%e6%af%9b%e5%89%a4%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-by-%e5%a8%98

 

ピカキチ・育毛剤おススメ比較ランキング

ランキング1位:新型育毛剤イクオス

  • 有効成分:124種類
  • 初回定期価格: 6,578円(税込み)
  • 定期2回目以降価格: 7,128円(税込み)
  • 内容量: 120ml
  • 返金保証: あり (90日間)
  • 特徴 7つの発毛促進力
  • お買い得育毛剤比較ランキング 常に上位結果の超ハイコスパ、ハイレベルの育毛剤
  • 育毛剤使用実感が良い、返金保証日数多い、充実した育毛サプリが欲しい人におススメ
  • 育毛剤選びで迷ったら、間違いない育毛剤!

 

pikakichi2015_50

ピカキチ的考え方のポイント : 育毛剤比較ランキング

定期価格比にすること

メリット:

  1. 脱毛薄毛ハゲの面積は個人で異なるので、個人ごとに使用量は異なる
  2. 育毛剤内容量:価格が違うので、単に多い、少ないでは比べられない
  3. 育毛剤配合成分数:価格が違うので、単に多い、少ないでは比べられない
  4. 育毛回復期間は長期にわたるので定期価格で比較するのが実際に近い


ディメリット:

  1. 各配合成分の育毛剤的価値を同一とみなしている

指標の説明:

c:内容量(ml):育毛剤の1本の容量。どれくらい中身が入っているか。もちろん、多いほどお得だが、当然価格との兼ね合いを考えること。

p:価格(円):定価、標準価格。単品で買う時のお値段。

tp:定期購入(円):定期コース、定期購入するときの価格。継続して購入するため、値段が定価より安いのでお得。

n:配合成分数:育毛剤は何といっても、配合成分でその効果が変わる。多いほど良いが、その分濃度、液の濃さが減ることになる。

c*1000/tp:c:内容量(ml)をtp:定期購入(円)で割った値。

n*1000/tp:n:配合成分数をtp:定期購入(円)で割った値。

 

 

育毛剤お得度 ☆合計
公式リンク 価格 容量  c/TP ☆n/TP ☆返金 
1位 イクオス *s 25 イクオス 12,800 120 7 9 9
2位 プランテル *s 22  プランテル 9,800 150 9 6 7
3位 チャップアップ *s 21  チャップアップ 14,800 120 4 10 7
3位 ポリピュアEX  21  ポリピュアEX 7,800 120 8 4 9
5位 WAKA 18  育毛剤 11,000 120 5 3 10
5位 M-1育毛ミスト 18  サラヴィオ化粧品 9,800 200 10 1 7
5位 BOSTON 18  スカルプエッセンス 14,800 60 2 5 11
5位 ブブカ *s 18 ブブカ「BUBKAスカルプケアシャンプー」 12,960 120 3 8 7
5位 Deeper 18   4,980 60 4 11 3
10位 HG-101 14  HG-101 5,500 150 11 2 1
11位 Deeper 3D 11   13,860 60 1 7 3
c/TP定期価格(千円)比の内容量得点

☆n/TP定期価格(千円)比の配合成分数得点

☆返金 返金保証日数得点

*s : 定期購入サプリ付

 

Read More

育毛剤比較ランキング:育毛剤選びならエビデンスのあるピカキチ・おススメ育毛剤ランキング!!!

 

育毛剤には化粧品と医薬部外品がある

育毛剤には様々な種類がありますが、そもそも髪の毛に関する商品には分類が存在します。その分類の中には化粧品と医薬部外品があり、詳しく知らない人もいるのではないでしょうか。
2つの違いや育毛剤との関係について説明しますので、気になるのであれば参考にすると良いでしょう。
まず育毛剤には化粧品と医薬部外品があるのかについてですが、これは違います。育毛剤だけではなく、育毛に関する商品を含めた薬品には3つの種類が存在するのです。3つの種類は上記した化粧品と医薬部外品、そして医薬品のことを言います。
育毛剤は医薬部外品に該当し、直接的に髪の毛を生やす効果は認められていません。
あくまでも髪の毛が生えやすくなる環境を整えるためのものであり、薄毛の治療よりも予防に向いているでしょう。そのため育毛剤を使うときは、髪の毛が生えてくると過剰に期待しない方が良いです。
そして化粧品と医薬部外品の違いですが、成分にあります。化粧品は治療を目的としたものではなく、美容のためにあるものと言えるでしょう。

 

育毛剤は医薬部外品、発毛剤は医薬品

育毛剤と発毛剤はどちらも髪の毛のために存在しますが、大きな違いは分類にあります。美容などを目的としたスキンケア用品には医薬品と医薬部外品、そして化粧品という分類があるのです。この中で育毛剤は医薬部外品に、発毛剤は医薬品に該当します。
つまり発毛剤は本格的な薄毛の治療に用いられるもので、市販される育毛剤とは用途や期待できる効果が異なるのです。薄毛治療の専門医や薬剤師の指導が必要となる場合もあるため、素人の自己判断だけで使わない方が良いでしょう。
育毛剤には発毛促進効果が期待できると言われており、新しい髪の毛の生成のサポートに良いと言えるでしょう。
頭皮環境を整えて毛細血管の血行を促進することで、新しい髪の毛によって良い土壌作りができると考えてください。しかしあくまでも医薬部外品であるため、直接的な発毛効果までは認められていないのです。

 

発毛剤は医薬品、ミノキシジルの副作用可能性

医薬品として薄毛治療のために用いられることもある発毛剤には、発毛効果が期待できると言われています。髪の毛の生成に関わる細胞に直接作用することが、育毛剤との違いと言えるでしょう。
さらにこの2つには安全性に関する違いもあるため、頭皮が刺激に弱い人は意識すると良いです。副作用が心配であれば、発毛剤ではなく育毛剤を選ぶことをおすすめします。
刺激性の強い成分が含まれている育毛剤も存在しますが、医薬品ではないため過剰に心配する必要はないでしょう。もし頭皮のかゆみなどが気になる場合、使用を中止して専門医のいるクリニックや病院を受診すると良いでしょう。
医薬品である発毛剤には、ミノキシジルという成分が含まれている場合もあります。ミノキシジルには動悸やむくみなどの副作用が報告されており、重篤な副作用が起こる可能性もあるのです。

 

育毛剤、発毛剤の効果

育毛剤、発毛剤の効果 こんな方におススメ 有効成分 例
1 毛母細胞活性 髪が細い方 パントテニルエチルエーテル、ペンタデカン酸グリセリド
2 皮脂分泌抑制 頭皮の脂にお悩みの方 ドクダミエキス、イソフラボン
3 男性ホルモン抑制 生え際&頭頂部の薄毛に悩む方 フィナステリド、ヒオウギエキス
4 頭皮保湿 頭皮の乾燥が気になる方 イチョウ葉エキス、ローヤルゼリーエキス、フコイダン
5 血行促進 頭皮を柔らかくしたい方 ミノキシジル
参考WEB http://bubka.jp/blog/hair-growth-tonic/

 

補足情報1:育毛剤には3つの種類がある。

1.添付型 頭皮に塗布する(通常の育毛剤)
2.環境型 頭皮環境を整える、シャンプー、トリートメント
3.服薬型 口から飲む、医薬品、サプリメント

 

補足情報2:外用薬、内服薬

外用薬 3種類に分類
1.女性ホルモンを含むもの
2.毛細血管を拡張させる作用のもの
フロジン液
リアップ、ロゲイン(成分名ミノキシジル)
3.毛根に栄養を与える作用のもの
毛髪力、ペンタデカン、黒誕彩、その他

内服薬 内服する育毛剤
平成17年12月厚生労働省認可の“飲む育毛剤”
プロペシア(成分名フィナステライド)

参照WEB:日本医学育毛協会

http://www.haircare.gr.jp/tonic.html

 

 

 

育毛剤比較ランキング:ピカキチ・おススメ育毛剤ランキングとは?

ピカキチ・おススメ育毛剤ランキングは、育毛剤である医薬部外品の選び方に間違いがないか、育毛剤購入の最終確認でごらんください。

ネットには、口コミ、評判、レビュー、比較ランキングなど、育毛剤は甲論乙駁の情報で氾濫していますが、客観的に、根拠あるデータから、その育毛剤としての実力が、評価できるのです。

エビデンス(科学的根拠)レベルの低い個人の感想、個人の口コミレビューなどで惑わされてはいけません。

脱毛薄毛ハゲの我々にとって、育毛剤の内容量、配合成分数、返金保証日数は、長期の育毛剤による回復期間をのりきる3つの重要なポイントです。

ピカキチ・おススメ育毛剤ランキングは、内容量、配合成分数、返金保証日数を、お得度として主要な育毛剤11種の比較・ランキング表を作成しました。

内容量、配合成分数は、定期価格比で算出してあります。題して、お買い得育毛剤比較ランキングです。

*登場人物 P: 育毛お助け人ピカキチ、A: 薄毛・脱毛に気になりだしたお悩みを持つAさん

 

r-%e8%82%b2%e6%af%9b%e5%89%a4%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-by-%e5%a8%98

pikakichi2015_50

ピカキチ的考え方のポイント : 育毛剤比較ランキング

定期価格比にすること

メリット:

  1. 脱毛薄毛ハゲの面積は個人で異なるので、個人ごとに使用量は異なる
  2. 育毛剤内容量:価格が違うので、単に多い、少ないでは比べられない
  3. 育毛剤配合成分数:価格が違うので、単に多い、少ないでは比べられない
  4. 育毛回復期間は長期にわたるので定期価格で比較するのが実際に近い


ディメリット:

  1. 各配合成分の育毛剤的価値を同一とみなしている

指標の説明:

c:内容量(ml):育毛剤の1本の容量。どれくらい中身が入っているか。もちろん、多いほどお得だが、当然価格との兼ね合いを考えること。

p:価格(円):定価、標準価格。単品で買う時のお値段。

tp:定期購入(円):定期コース、定期購入するときの価格。継続して購入するため、値段が定価より安いのでお得。

n:配合成分数:育毛剤は何といっても、配合成分でその効果が変わる。多いほど良いが、その分濃度、液の濃さが減ることになる。

c*1000/tp:c:内容量(ml)をtp:定期購入(円)で割った値。

n*1000/tp:n:配合成分数をtp:定期購入(円)で割った値。

 

 

育毛剤お得度 ☆合計
公式リンク 価格 容量  c/TP ☆n/TP ☆返金 
1位 イクオス *s 25 イクオス 12,800 120 7 9 9
2位 プランテル *s 22  プランテル 9,800 150 9 6 7
3位 チャップアップ *s 21  チャップアップ 14,800 120 4 10 7
3位 ポリピュアEX  21  ポリピュアEX 7,800 120 8 4 9
5位 WAKA 18  育毛剤 11,000 120 5 3 10
5位 M-1育毛ミスト 18  サラヴィオ化粧品 9,800 200 10 1 7
5位 BOSTON 18  スカルプエッセンス 14,800 60 2 5 11
5位 ブブカ *s 18 ブブカ「BUBKAスカルプケアシャンプー」 12,960 120 3 8 7
5位 Deeper 18   4,980 60 4 11 3
10位 HG-101 14  HG-101 5,500 150 11 2 1
11位 Deeper 3D 11   13,860 60 1 7 3
c/TP定期価格(千円)比の内容量得点

☆n/TP定期価格(千円)比の配合成分数得点

☆返金 返金保証日数得点

*s : 定期購入サプリ付

 

Read More

テキストのコピーはできません。